ほくろ除去の種類とメリットを要チェックですよ

ほくろ除去の保険適用条件

看護師

ほくろ除去の保険について

ほくろ除去を行う際に気になるのが、保険が適用されるのかということです。ほくろ除去には保険が適用となる診療と自由診療の2つがあります。この2つの場合の費用の違いや方法の種類について紹介します。まず、ほくろ除去を行う際に、保険が適用されるには3つの条件を満たす必要があります。1つ目がほくろ除去の施術を行う病院や施設が保険適用が可能であるということです。病院の皮膚科でほくろ除去をする際は、保険の適用が可能となります。2つ目の条件がほくろの状態によるということです。ほくろが悪性であるなどの場合は保険が適用されてほくろ除去をすることができます。3つ目の条件がほくろ除去の施術方法によるということです。保険が適用される施術方法としては、メスを用いての切開手術や縫合、くりぬき施術や電気や高周波メスによるほくろ除去の場合に保険が適用となります。基本的にはそれ以外のほくろ除去の施術では保険が適用外となります。このように保険を利用してほくろ除去を行うなら、病院の皮膚科でまずはほくろの種類を診察してもらい、どういった施術が必要になるのかを確認することが必要になりますよ。では、ほくろ自体が悪性などではない場合は、必ずしも皮膚科でのほくろ除去が安い費用でできるかというと必ずしもそうではありません。自由診療でほくろ除去を行っているクリニックを利用することで病院の皮膚科よりも安く施術を行うことができる場合もあります。例えば、複数のほくろを一度に除去することができるレーザー治療などができるクリニックを利用すれば、病院の皮膚科での施術よりも安い費用と回数でほくろ除去が可能になる場合も多々あります。なので、まずは皮膚科でほくろの診察をしてもらい、悪性でなければ他のクリニックでのほくろ除去を考えてみることをおすすめしますよ。

ほくろ除去はレーザー治療がおすすめ

ほくろ除去の施術方法には、レーザー治療がありますが、このレーザー治療のおすすめメリットを紹介していきますね。まずはこんな方にレーザー治療がおすすめできますよ。ほくろがメイクをしても目立ってしまう。ほくろ除去の手術で仕事や学校を何日も休めない。なるべく痛みのないほくろ除去をしたい、などこれらの要望をすべて満たすことができるほくろ除去がレーザー治療で可能になりますよ。また、レーザー治療のメリットとして、顔以外の部分にあるほくろの除去も可能ということです。背中や脚など自分の気になるところ全てのほくろの除去が可能になります。他にもレーザー治療の特徴として、施術を行う際に熱による殺菌作用を行うのでほくろの再発を防ぐことができます。また、傷をほとんど残すことなくキレイなほくろ除去ができるのも特徴です。施術時間も約5分~30分という短い時間で行うことができます。なので、学校や仕事を休むこともなく、その日で施術を終えることができるのも魅力の1つとなっています。痛みも、メスなどによる手術とは違い、レーザー照射で切らずに治療できるので、出血や痛みはほとんどなくほくろ除去を行えます。このようにレーザー治療でのほくろ除去は、手間暇をかけずに気軽にできることが人気の高い理由となっていますよ。

Copyright© 2019 ほくろ除去の種類とメリットを要チェックですよ All Rights Reserved.